タグ: 条件

相続手続きにおける死因贈与執行者

相続手続きで贈与者が一方的に撤回することが可能で、また、この撤回が遺言の方式によってなされる必要はない

死因贈与とは、贈与者の死亡によって、効力を生ずる贈与です。
「わたしが死んだら、財産を全部やるよ。」というような契約です。
遺言が、遺言者の単独行為であるのに対して、死因贈与は、
贈与の一種で、二当事者間の契約です。
“相続手続きにおける死因贈与執行者”の詳細は »