タグ: 形見

相続した遺品の形見分けの扱いはこうです

形見分けの相続の場合は、相続人の間で宝石の価値などを調査して話し合いで決めるほかありません。

個人の持ち物すべては相続の対象となり
遺品や遺産の分配方法は民法によると
遺産に属するもの、または権利の種類及び性質、
各相続人の年齢、職業、心身の状態、および生活の
状況その他一切の事情を考慮する」(民法906条)と
なっています。相続の開始から、遺産の分割が行われる
わけですが例えばアクセサリや宝石などのようなものは
内容により分配するには差異が生じてしまいます。
“相続した遺品の形見分けの扱いはこうです”の詳細は »