相続権が奪われるのは悪いことをした輩だ

相続については具体的な分配についての確定が非常に煩雑で、もしあなたが相続人になる場合でも誰がどれくらいもらえるのか?という部分が不明でわからないということも多いでしょう。
遺言によって相続が変更される場合民法900条で法定相続分を基本とした例が定められて
いますが遺言により相続分の指定が可能となります。
ただし法律で保護されますが配偶者、直系卑属、
直系尊属には遺留分も認められています。

したがって
直系尊属・・・・・相続分の2分の1
それ以外の場合・・・・相続分の2分の1を上記相続人に渡さなくてはならないのです。
このほか相続の放棄などでも相続分の変更が生じます。

相続権が奪われる場合は以下の通りです。
1民法により相続欠格な場合
・相続されるものの生命を侵害したり、
相続されるものの遺言を妨害して不当に利益を得ようとした者。
2相続人の廃除の場合
・相続人が相続される者を虐待したり、
重大な侮辱を加えた場合、または相続人としてのふさわしくない行動や非行があった場合。

・・・・相続人の意見が一致していればどのような割合で分けてもかまわない。
相続全員で遺産分割協議をして、全員が署名捺印する
分割協議書を作成すること。

遺産分割協議書に詳しい川崎の相続集団
遺産分割の協議の背景にはいろいろな事情もあるでしょうから、まずはこのセンターを訪ねてほしい。
xn--8ltrsq61dc8f.jp

«
»
 

トラックバックURL

コメントを書き込む