カテゴリー: 法律を守って遺産を分ける

不動産の相続分はどう話し合っていきましょう

不動産の所在地を管轄する、登記所(「地方法務局」)に、「所有権移転登記」の申請書を提出。

不動産の相続分が決まったらその不動産の所在地を管轄する、登記所(「地方法務局」)に、
「所有権移転登記」の申請書を提出。
「相続登記」を行う。
「名義変更」をする。
“不動産の相続分はどう話し合っていきましょう”の詳細は »

相続手続きにおける死因贈与執行者

相続手続きで贈与者が一方的に撤回することが可能で、また、この撤回が遺言の方式によってなされる必要はない

死因贈与とは、贈与者の死亡によって、効力を生ずる贈与です。
「わたしが死んだら、財産を全部やるよ。」というような契約です。
遺言が、遺言者の単独行為であるのに対して、死因贈与は、
贈与の一種で、二当事者間の契約です。
“相続手続きにおける死因贈与執行者”の詳細は »

相続権が奪われるのは悪いことをした輩だ

法定相続分を基本とした例が定められていますが遺言により相続分の指定が可能となりますよ

相続については具体的な分配についての確定が非常に煩雑で、もしあなたが相続人になる場合でも誰がどれくらいもらえるのか?という部分が不明でわからないということも多いでしょう。
“相続権が奪われるのは悪いことをした輩だ”の詳細は »

相続で遺産分割の担保責任分担

実は相続財産ではなく、他の人のものだったというようなことも生じてきますがそのときは方法があります。

相続する財産を分割する場合
分割するものがなんであるかということが
はっきりしていなければなりません。

しかし分割できるものやできないものもあり
実は相続財産ではなく、他の人のものだったというような
ことも生じてきます。
“相続で遺産分割の担保責任分担”の詳細は »