相続税の申告を忘れてしまうとやばい

相続税の申告を忘れるといわゆる罰金が科されます。
それは延滞税と、無申告加算税なるもので、これが、なかなかのパーセンテージです。

 

もし忘れたら…と、心配される方もいらっしゃいますが、
ついうっかり、申告を忘れるということはあまりないと思われます。

まず、葬儀の後埋葬許可書を発行してもらう手続きをすることで、役所から税務署へ報告が行きます。
そのため、税務署は、相続の発生を自動的に知るようになっているのです。
 

税務署は普段から財産調査を行っているといわれています。
そのため、誰かが亡くなったとき、その方がどのくらいの財産を所有していたのかを、だいたい把握しています。そして、税務署から、「もしかして相続税を申告しないといけないのではないですか?」というお尋ねの通知が届きます。
 

とは言うものの、気を付けたいのは、必ずしも通知が来るわけではないということです。そして、通知は、申告期限10か月のぎりぎりひと月前に届くこともあります。
そこから慌てて準備しても、間に合わない、といったケースも見られますし、
税理士に依頼してもスピードが必要=人手がそれだけかかる、ということで、費用も想定以上にかかったりします。

 

ところで、延滞税と無申告加算税ですが、
忘れていて申告期限の10か月を過ぎてしまったが『遅れても申告した場合』
のペナルティと、
忘れていて申告期限の10か月を過ぎ、しかも『税務署に指摘された場合』
のペナルティの額は、かなり異なります。
 

また、故意に黙っていた場合など悪質な場合は、重加算税というその名の通り、重い重い税金を払わなくてはならなくなります。
相続が発生して、もし、
「相続税が発生するかも…?」
と、心配されるようでしたら、
相続手続きを専門に行う、横浜の事務所までご連絡ください!

«
»
 

トラックバックURL

コメントを書き込む