相続のときに未払いの贈与税を精算する

★生前贈与
2008年度(平成20年度)
個人の基礎控除は年間110万円とされています。
その額を超えるまでは課税されません。

また、そうぞくが発生した場合、さかのぼって
課税されることもあります。
課税される税率は、金額により10%から50%と徐々に高くなる累進課税制度を採用しています。
そうぞく税より基礎控除額が低いのは、贈与税はそうぞく税の負担との比較として公平とするために設けられているからです。毎年1月1日より12月31日までの贈与分を、翌年3月15日までに申告して納付することになっています。
法律で禁止されている、
に!
ア次に掲げる財産については贈与税がかからないことに
なっています。(国税庁HPより)
1 法人からの贈与により取得した財産は所得税になる
贈与税は個人から財産を贈与により取得した場合にかかる税金であり、法人から財産を贈与により取得した場合には贈与税ではなく所得税がかかります。
2 夫婦や親子、兄弟姉妹などの扶養義務者から生活費や教育費に充てるために取得した財産で、通常必要と認められるもの・・・・
ここでいう生活費は、その人にとって通常の日常生活に
必要な費用をいい、また、教育費とは、学費や教材費、文具費などをいいます。
贈与税がかからない財産は、生活費や教育費として必要な都度直接これらに充てるためのものに限られます。

相続税逃れのための贈与の判断も相続手続支援センター川崎駅前と税理士
生活費や教育費の名目で贈与を受けた場合であっても、
それを預金したり株式や不動産などの買入資金に充てる場合には贈与税がかかることとなってしまいます
相続税の率を考慮して生前の行為を検討しましょう。
xn--8ltrsq61dc8f.jp

«
»
 

トラックバックURL

コメントを書き込む