これからの相続税はこうなるよ

民法では妻と子供が相続人の場合、
法定相続分は妻と子供がそれぞれ半分ずつ(2分の1)と
決められています。

しかし現在の我が国は少子化で高齢化です。
少子化が進めば高齢化の割合が増加し、自分の財産を
管理すること、生前対策が見直されてきています。

高齢化社会への進展を考慮して
相続税と贈与税を一体化させる
相続時精算課税制度が導入されました。

これは生前贈与の新しい方法です。

「住宅取得等資金の贈与に係る相続時精算課税制度の
特例について、特別控除の上乗せ(現行1,000万円)
の特例を廃止し、年齢要件の特例の適用期限を2年延長します。」
と平成21年12月22日、平成22年度税制改正が決定されました。

特別控除の上乗せ(1,000万円)はなくなり、
住宅取得等資金の贈与であっても、贈与財産の種類、
使途は問わない一般の相続時精算課税制度と一緒の2,500万円の
特別控除ということになります。ただし
平成23年12月31日までは、住宅取得等資金の贈与であるならば、
65歳未満の親からの贈与でも相続時精算課税制度を
利用できますよということになります。

相続税が一般家庭にかかってくる時代を前に準備を支援します
川崎駅前なので、相談に便利です。
xn--8ltrsq61dc8f.jp

»
 

トラックバックURL

コメントを書き込む