相続税の税率だけではなく贈与税も変化

相続税だけでなく、関連する贈与税にも改正がありました。間違えないようにしよう。

昨年から相続税の基礎控除額が大幅に減りました。
それだけではなく、税率にも変化がありました。

“相続税の税率だけではなく贈与税も変化”の詳細は »

相続税の申告を忘れてしまうとやばい

相続税の申告期限をご存知ですか?そして、申告期限を過ぎると、どんなことが待ち受けているのでしょうか。

相続税の申告を忘れるといわゆる罰金が科されます。
それは延滞税と、無申告加算税なるもので、これが、なかなかのパーセンテージです。

 

もし忘れたら…と、心配される方もいらっしゃいますが、
ついうっかり、申告を忘れるということはあまりないと思われます。


“相続税の申告を忘れてしまうとやばい”の詳細は »

相続手続きの生命保険金の注意

被相続人が掛けていた相続人を受取人とする生命保険金は税制上は「みなし相続財産」として、遺産総額や課税価格に算入されます。

生命保険金の注意点
被相続人が掛けていた相続人を受取人とする生命保険金は税制上は「みなし相続財産」として、遺産総額や課税価格に算入されます。
ただし、名前にもあるように「みなし」であって、相続財産には含まれません。
“相続手続きの生命保険金の注意”の詳細は »

相続のときに未払いの贈与税を精算する

生活費は、その人にとって通常の日常生活に必要な費用をいい、また、教育費とは、学費や教材費、文具費などをいいます。

★生前贈与
2008年度(平成20年度)
個人の基礎控除は年間110万円とされています。
その額を超えるまでは課税されません。
“相続のときに未払いの贈与税を精算する”の詳細は »

相続で遺言があっても遺留分はもらえる?

遺留分の割合は「誰が法定相続人なのか」ということによって異なるが法定相続分の何分の一ということが一般的です。

第千二十八条   【 遺留分権利者とその遺留分 】
第一項  兄弟姉妹以外の相続人は、遺留分として、左の額を受ける。
第一号  直系尊属のみが相続人であるときは、被相続人の財産の三分の一
第二号  その他の場合には、被相続人の財産の二分の一
“相続で遺言があっても遺留分はもらえる?”の詳細は »

不動産の相続分はどう話し合っていきましょう

不動産の所在地を管轄する、登記所(「地方法務局」)に、「所有権移転登記」の申請書を提出。

不動産の相続分が決まったらその不動産の所在地を管轄する、登記所(「地方法務局」)に、
「所有権移転登記」の申請書を提出。
「相続登記」を行う。
「名義変更」をする。
“不動産の相続分はどう話し合っていきましょう”の詳細は »

相続手続きにおける死因贈与執行者

相続手続きで贈与者が一方的に撤回することが可能で、また、この撤回が遺言の方式によってなされる必要はない

死因贈与とは、贈与者の死亡によって、効力を生ずる贈与です。
「わたしが死んだら、財産を全部やるよ。」というような契約です。
遺言が、遺言者の単独行為であるのに対して、死因贈与は、
贈与の一種で、二当事者間の契約です。
“相続手続きにおける死因贈与執行者”の詳細は »

これからの相続税はこうなるよ

少子化が進めば高齢化の割合が増加し、自分の財産を管理すること、相続の前に生前対策が見直されてきています。

民法では妻と子供が相続人の場合、
法定相続分は妻と子供がそれぞれ半分ずつ(2分の1)と
決められています。
“これからの相続税はこうなるよ”の詳細は »

相続した遺品の形見分けの扱いはこうです

形見分けの相続の場合は、相続人の間で宝石の価値などを調査して話し合いで決めるほかありません。

個人の持ち物すべては相続の対象となり
遺品や遺産の分配方法は民法によると
遺産に属するもの、または権利の種類及び性質、
各相続人の年齢、職業、心身の状態、および生活の
状況その他一切の事情を考慮する」(民法906条)と
なっています。相続の開始から、遺産の分割が行われる
わけですが例えばアクセサリや宝石などのようなものは
内容により分配するには差異が生じてしまいます。
“相続した遺品の形見分けの扱いはこうです”の詳細は »

相続権が奪われるのは悪いことをした輩だ

法定相続分を基本とした例が定められていますが遺言により相続分の指定が可能となりますよ

相続については具体的な分配についての確定が非常に煩雑で、もしあなたが相続人になる場合でも誰がどれくらいもらえるのか?という部分が不明でわからないということも多いでしょう。
“相続権が奪われるのは悪いことをした輩だ”の詳細は »

« 過去の記事